FC2ブログ

スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

管理人プロフィール

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

幼少の頃から近視に悩まされてました。

とにかく見えない。朝起きてメガネがないとほぼ何も出来ないレベルです。物心付いた時から近視で、しかもメガネ等を用いても矯正視力があまり出ないため、生まれてこのかた視力2.0の世界を見たこともありません。

普段の矯正視力は、メガネで0.2~0.5コンタクトレンズで0.9~1.0でした。矯正度数はコンタクトレンズで-10Dです。この値がメガネだと11D~12Dとなります。ここまでメガネでやってしまうと、リアル牛乳瓶の底のようなぶ厚いレンズになってしまいます。それが嫌でメガネでは矯正度数を落として、厚いレンズでしたが、厚いながらも比較的薄いレンズのメガネをするようにしてました。とはいっても目が小さく見えてしまったり、横から見るとなんとなく気の毒になってしまうような厚さではありました。

余談ですが、メガネだと外見上も軽いマニア風に見えてしまったりと、メガネ装用時とコンタクト装用時ではモテ度も違いましたから、なるべくコンタクトをするようにはしてました。しか~し、現在29歳でコンタクト歴は13年程ですが、昔は目が痛くなることも少なく無理な装用を続けてる時期がありました。そうこうしていたら目が痛くなり易くなってしまい、充血なんてしょっちゅうで、コンタクトレンズをすること自体がおっくうになってしまいました。

そこで出会ったのがレーシックという近視治療でした。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

スポンサーサイト

ごあいさつ

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

生まれついての生粋の強度近視だった管理人の瓶底が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視のため角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが妥協案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

そんな最強度近視の管理人が裸眼視力0.03からの脱出を描いたサイトです。このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。