スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

【レーシック後の生活】視力の安定と近視防止策について

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー





レーシックを受けてからというもの、近視の再発防止にはけっこう気をつかってます。

年齢的にも30歳辺りで一般的に近視の進行は止まるようです。眼の軸がこれ以上伸びなくなるのが原因のようです。私も30歳手前ですから、レーシックを受けるには適齢期だったと医師曰く納得しております。

とはいうものの、レーシック後に再度近視が戻ってしまい、またメガネ生活に戻っては困りますので、最強度近視からのレーシックで術後の視力は0.7~1.0までなんとか持ってこれましたから、最低0.5以上はこの先もキープしていけるよう普段から気をつけてます。

具体的には、PC作業時には凸レンズと呼ばれる老眼鏡をなるべくかけるようにしており、PC作業や読書などで眼への負担が想定される場合、凸レンズによって眼への負担がすこぶる軽減されます。それに対して一番眼に負担が掛かることとして、PC作業や読書をする際に凹レンズ、いわゆる近視用の普通のメガネをかけて作業をすることです。

度数の表記では凸レンズが【+】に対して、凹レンズは【-】表記となります。凸レンズの場合、近視予防には+1~+1.5辺りの度数が効果的のようです。

現代では仕事でも私生活でも、PCや携帯電話などで細かい時や液晶を見ることが非常に多く、眼を酷使してしまう環境にあります。それを普通の凹レンズのメガネをかけてしていては近視が進行して然るべきの状況をつくり出してしまってるということです。

特に私のような最強度近視のケースだと、メガネ無しではリアルに物が見えませんから不便極まりない毎日でした。それをイントラレーシックという個人的には神の業とも呼べるような技術で解消してしまう現代に感謝までしてます。コンタクトレンズをしなくてもよくなりましたし、目薬もほぼ必要なくなり眼に対するメンテナンスも特に必要ありません。たまにある定期的な検診のみで済みますから本当に楽になりました。

せっかく手に入れた視力ですから、この先も大切にしていけるよう普段から近視に対する防衛戦を続けていきます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ホームページランキング


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

スポンサーサイト
プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。