スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

【こだわり】なぜイントラレーシックにこだわるのか

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

体験談を知人に話したりしてると、なぜイントラレーシックを選んだのかと聞かれることがあります。

まして当初は、最強度近視と呼ばれる、非常に強い近視のためイントラレーシックを施術すること自体難しいと言われておりました。フェイキックという眼内にレンズを入れる視力矯正手術しか無理だねと、はじめて検査に行ったクリニックではお断りもくらいました。

そのため、自分にはイントラレーシックを受けることが出来ないと悲観ムードの中帰宅したのを今でも覚えています。そこから私のレーシック、特にイントラレーシックに対する研究と対策がはじまりました。

結果として、事前検査~問診を受けるという基本が1番大切ということに気付きました。ここでコケてしまうとそのクリニックでの次はありません。そして事前検査の結果も聞くべきです。特に角膜厚は極めて重要です。クリニックによって多少の誤差もありますのできちんと確認してください。

矯正後の視力が1.0までいかなくとも、このクリニックでは自分の角膜厚でどこまで矯正が出来るかを前提に話をしましょう。

この角膜厚ではイントラレーシックは無理ですねぇと、お断りをする場合は、矯正後の視力が1.5~2.0まで引き上げるという前提条件があるようです。そもそも1.5までこちらも求めてない旨を伝えると有効的です。そもそも最強度近視の方はメガネやコンタクトレンズで矯正しても1.5までいく方はそこまでいません。私も当時はコンタクトレンズでやっと1.0という視力が精一杯でした。

そして術後の経過が1番安定しているのもイントラレーシックだとどこのクリニックに行っても聞いておりました。技術的にも瞳への負担が少なくて安定してます。そうなったらイントラレーシック1本に絞って事前検査に臨んでました。イントラレーシックは施術費用も通常のレーシックに比べると割高に設定されてますが、その分通常のレーシックより安定した結果が期待できます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

スポンサーサイト

コンタクトレンズ装用による弊害

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

コンタクトレンズを装用することで、角膜に負担を掛けていることは利用者であれば実感できることでしょう。

では具体的に角膜内皮細胞の減少以外にどこのような弊害があるかというと、角膜を薄くしてしまうという現象です。

コンタクトレンズは角膜に負担が掛かりますので、ソフト・ハードレンズで若干の差異はあるようですが10年間で50ミクロンは薄くしてしまいます。この50ミクロンというのはたいしたことなさそうですが、最強度近視の方がレーシックを受けると、角膜を削る量がハンパありませんから、角膜を薄くしてしまうことはレーシックでの矯正手術そのものを受けれなくしてしまう原因になるわけです。

一般的な平均角膜厚は500~530ミクロンですから、ここからコンタクトレンズによる角膜の消耗で50ミクロンを消費してしまうと、レーシックそのものが受けられなくなってしまいます。

コンタクトレンズの装用はその先にあるリスクを改めて考えるべきだと今回で痛感しました。私の場合幸いにも50ミクロンも消耗していないようでしたが、コンタクトレンズの装用によって角膜に傷が付いたり、充血が頻繁でしたから、白目の部分に若干の血液が色素沈着してしまっていたりと大なり小なり影響はありました。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。