FC2ブログ

スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

【外泊】コンタクト用品、メガネ不要での宿泊

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

年末年始となり、私用で外出、外泊が増える季節になりました。

友人宅にお泊まりに行くのも、映画に行くにも、今まではコンタクトレンズの消毒用品と、最低限メガネは必需品でした。先日レーシック施術後にはじめての外泊をしたわけですが、本当に身軽です。メガネも不要というのが感動的でした。友人宅でもテレビが裸眼でよく見えますし、久しい人と会うにも気劣りすることなくスムーズにいけました。

ほんとはよくないですが夜更かしをしても裸眼ですから支障はありません。

イントラレーシックを受けて3ヶ月が経ちます。今のところ経過は順調ですがまだまだ油断はできません。あまり無理はしない程度に今年は過ごそうと思います。





にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ホームページランキング
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

スポンサーサイト

【コンタクトレンズ】充血とドライアイによる疲弊感

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

イントラレーシックをして3ヶ月少々経ちます。

術後の影響としては、ハロという夜間にネオンなどが広がって見え、信号なども若干モヤっとしています。まぁレーシックを受ける前は最強度近視だったため裸眼では到底ボヤけててわけわかんなかったわけですから、さして気になりません。

コンタクトレンズを装用している方は私の周りにもたくさんいます。先日仕事で会った方もまだ30歳で外見上の問題でコンタクトを利用しているとのことでした。眼を見れば一目瞭然で、非常に充血していました。私もレーシック前は普段コンタクトレンズを装用してましたが、充血とドライアイにより眼が痛く、コンタクトレンズを装用することが億劫で仕方ありませんでした。その苦しみから解放されただけでも心底うれしく思ってます。

人と会うのが楽しくなりましたし、外出前に1日のコンタクトレンズの装用時間を計算しなくてよくなったことでも総じて生活が楽になりました。PC作業時(特に自宅では)は凸レンズ(老眼鏡)を利用することで近視防止は欠かせませんが、普段の生活が楽になったことを考えればしれてます。

コンタクトレンズは装用可能年数も20~30年と瞳の耐用年数がありますから、年々角膜内皮細胞が死滅し負担を感じるようになります。私自身16歳の頃から10年以上コンタクトレンズを利用してきましたが、普段からコンタクトレンズの装用時間が長かったため、瞳に負担をかけてきました。コンタクトレンズの装用開始当時(16~18歳くらい)は、多少無茶な装用をしても回復が早く負担をあまり感じませんでしたが、年々瞳が充血し易くなっていくことと、やたらシパシパして装用すること自体が億劫になってました。

しかし、コンタクトレンズをしないと眼鏡のレンズも厚いために、外見上眼鏡は嫌でした。瞳の状態が悪い時は仕方なく眼鏡をしてましたが、厚いレンズを見て「目悪いよね」と人から言われることも多々あり、ぶ厚いレンズの眼鏡が軽いコンプレックスにもなってました。

それがイントラレーシックにより、新しい視力を手に入れれたことは私の人生において極めて有意義なものになりました。仕事でもプライベートでも決してマイナスになることはなく、あえていうなら施術費用が30数万円という「お金」の問題くらいでした。イントラレーシックを施術することによってこの30数万円を稼ぐきっかけにもなります。普段から裸眼でいられることで仕事上でも「やる気」が沸きますので、このやる気によって30数万円稼ぐことは決して難しくありませんでした。

私は営業職ですからやる気があれば成果が生まれ、その成果が賞与なりに反映されます。レーシック後の期間で正直30数万円は既に稼いでますので、割高なイントラレーシックを受けることによる損益分岐点は既に超えました。

あのままコンタクトレンズの生活を続けると思えば決して高い費用ではありませんでした。





にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ホームページランキング
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。