FC2ブログ

スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

【レーシックを考えない日は無い】毎日の生活での1コマ

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

レーシックを施術して、そろそろ1年を迎えます。

施術当時~数ヶ月の頃に比べると、若干視力が低下、もしくは慣れただけかもしれませんが、総じて安定はしています。

目だった充血もほぼない1年を過ごせました。レーシックで新しい世界を手に入れる前は、コンタクトをする日が憂鬱で、充血と痛み率ほぼ100%でしたので、瞳にはとても楽な生活ができていると実感しています。まぁ慣れは恐ろしいもので、コンタクト時代の辛さを忘れてしまい、この感動が日々薄れていくのも感じています。

しかし、毎日のようにコンタクトレンズを装用している方に会います。同僚や会社の方がそうです。コンタクトレンズを装用している方は概ね把握してますので、何気ない会話中にもつい相手の眼を注視してしまいます。というのも、9割方充血か、充血手前の薄っすらとした赤みをおびた瞳になっているからです。

仕事がらどちらかというと激務の分類に入りますので、コンタクトを装用している方には辛い装用時間が標準です。余裕で12時間はオーバーしていますので、コンタクト組は毎日辛いはずです。たまに眼が痛いと嘆いていることもしばしば目にします。

そういった状況に遭遇する度に、レーシックを施術して本当によかったと思えています。

それはつまり、コンタクトレンズの装着、取り外しといった煩わしさと、それに掛かる時間の短縮など、メリットを教授していることと同義ですので、普段の生活そのものがプラスの方向に働いていると思えています。

最強度近視と呼ばれた、裸眼では到底生活そのものが不可能だった頃をなんだかんだで毎日考えますし、この感動が色あせることはないようにこれからも瞳を大切にしていきます。

iphoneユーザーですし、近くで細かい文字等を見ることが多い生活ですから、今後も老眼鏡(凸レンズ)で視力の低下を抑えていきたいものです。。。



にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

スポンサーサイト

テーマ : レーシック
ジャンル : ヘルス・ダイエット

続 【運転免許】レーシック後、初の免許更新がやってきた2

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

免許更新日は休日ですが仕事も重なってましたので、朝から起きて午後13時からの午後の部で行ってきました。

想定していたよりやはり混んでました。ゴールド免許ですから最寄の警察署でも更新をすることは可能ですしかし、あえて県の免許センターへ行ってきました。人でごった返しててある意味落ち着きました。万が一視力検査で落とされてもそんなんザラな空気でしたので気楽だと思ったからです。これが警察署だと免許の更新なんかで混雑はしませんから、担当者に「視力が足りないのに来たのかコイツw」とか思われたら悲しいですから。

受付で20分程並び、印紙を買って手続きを済ませ、いざ視力検査の長蛇の列に並びました。

ここで1つコツがあります。

今までも視力検査の時には個人的に行っていた行為があります。
眼のツボがあります。ツボというか耳たぶと耳の上を交互に引っ張ります。これを片耳20回繰り返します。そうすると一時的に視力が若干アップします。これは私の昔からの経験上でも実証済みですから間違いありません。

並んでいる最中に耳たぶをコネコネしている人はおそらくプロでしょう。

というわけでいよいよ視力検査です。更新前の免許証にはしっかりと条件に眼鏡等と記載がありますので必ず眼鏡の旨を確認されます。そこで、素直にレーシックを受けた旨伝えましょう。そしたら裸眼で検査してくれます。

まず片目から、・・・結果見えました。最強度近視時代には到底及ばなかった0.3を捉えました。
しかし片目だけで安心はもちろんできません。第一のステージをクリアしたに過ぎません。

そして最難関(最強度近視の方には軽自動車でF1に参戦するようなもんですから)の両目で0.7に挑みます。
全神経を瞳と脳に集中します・・・。


ロックオンであります。見えたぁぁぁと心の中で叫びました!

眼鏡の条件は外れますねぇ、と福音を係りの人から頂き検査場を後にします。

結果、今回更新した運転免許証には、原付免許を取得した16歳の頃から早10数年条件欄に記載のあった眼鏡等の文字が消えました。
(しかし、中型車は中型車(8t)に限るという新しい条件が付きましたがw)

保険で持っていった新しい眼鏡は登場することはありませんでした。

こうして、最強度近視からイントラレーシックを受けて以来、初めての運転免許更新は無事完了しました。
もし同じような境遇の方がいましたら参考にしてください。

もちろん視力検査の1時間前には摂取していきました。


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

テーマ : レーシック
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。