FC2ブログ

スポンサーサイト

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

【施術後】レーシック後の生活で何が変わったか

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー




今回はレーシック後の生活についてレポートしてみます。

最強度近視時代はメガネ等の矯正が無いとほぼ見えない世界でした。寝起きなど特に顕著で、まずメガネを探して掛けるということが起きてから行うアクションになります。

それがレーシックを受けたことにより朝のアクションが変化しました。起きた時にコンタクトしたまま寝ちゃったかなと思うくらい、寝起きの視界は違っています。しかし、ドライアイがまだ若干続いているため、寝起きで目を開けるまで多少時間がかかります。パっといきなり目を開けたくない感じです。

最強度近視の方は角膜を削る量が多いため、よりドライアイには一時的になり易いようです。まぁそこまで苦になる症状ではないわけですが。

通常のレーシックだと、マイクロケラトームというカンナのような金属で角膜を削りフラップを作成します。そのためフラップの断面が多少凸凹してしまうため術後にゴロゴロ感なりが多少残ることがあるそうです。

今回管理人が受けたのはイントラレーシックですから、フラップもレーザーで作ります。このレーザーの性能にも依存しますが、断面も綺麗で安定した制度が期待できより薄くフラップを作ることが可能になり術後もより安定した経過が見込めます。

コンタクトレンズをしてるような錯覚に陥ることも多々あります。自宅に帰って来た時にもあぁコンタクト外さなきゃとたまに間違えてしまいます。

総じてメガネ、コンタクトレンズ時代に比べれば生活が格段に楽になったことが最大の効果ですね。楽という表現は単純かもしれませんけど、目が痛くなり易い人のコンタクトレンズ生活は本当に辛いものです。こればっかりは体験してもらわないと理解し難いかもしれません。目は充血しやすく軽い涙目になります。目がウップウップと水面に酸素を求めてるような感じです。

そんなコンタクトレンズ装用時代を思い返すと、それだけでイントラレーシックを受けて良かったと思います。とりあえずはコンタクトレンズと決別出来たことが一番の変化で最大効果です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ホームページランキング
関連記事

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


目・眼の病気 ブログランキングへ

最新イントラレーシック視力回復術

コメント

非公開コメント

相互リンクのお願い

相互リンクのお願い

こんにちは。クレジットカード関連のサイトを運営している管理人みうと申します。相互リンクをしていただけないでしょうか。

こちらにあるのが私のサイトになります。
http://www.c-recipe.biz/itiran.html

よろしければ相互リンクをお願いします。
プロフィール

瓶底(びんぞこ)

Author:瓶底(びんぞこ)
生まれついての生粋の強度近視だった管理人が、29歳で近視が最強度近視の-10D以上という瓶底メガネからの脱出を試みます。

最強度近視で角膜を削る量もハンパないため、複数の医院で事前検査の結果、施術お断りをくらいました。最強度近視の方はレーゼックやフェイキックが代替案として事例は多いようですが、管理人は最強度近視でもイントラレーシックを切望しました。

人柱的な意味でもありますが、最強度近視でもイントラレーシックを受けることが出来るんだという事例として参考にしてください。

このサイトを見て最強度近視の方もレーシックをあきらめないでいただけたら幸いに思います。

カテゴリ
月別アーカイブ
ご参考
最新トラックバック
管理人使用サプリ
最新記事
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

PING送信プラス by SEO対策

QRコード
QRコード
リンク
リンク集
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。